おりもの(下り物)チェックのイメージ

女性にとって、おりものは気にかかるものです。

おりものの状態には、量が多い、少ない、水っぽい、粘り気があるなど個人差がありますが、女性であれば必ずあるもので、子宮や膣の状態を告げるサインとなっています。

排卵日のあたりに、受精を助けるため粘着性のおりものが多くなりますが、これは多くの女性が経験していることでしょう。

また、おりものの状態で、妊娠の兆候を捉えることもできます。

月経が遅れ、妊娠かな?と思う頃、他の妊娠初期の症状とともに徐々におりものの変化が見られるようになります。

おりものの状態には、個人差はありますが、その状態から妊娠の兆候を推測することができる場合もあります。






おりもの(下り物)の成分など

おりものの成分は、膣や子宮頚管から分泌される粘液、膣表面の細胞がはがれたもの、細菌や白血球などからできています。

妊娠すると、胎盤から卵胞ホルモンがさかんに分泌されたり、血液などの体液が増えるため、おりものの分泌量が増えます。

また、おりものは、膣の健康状態を保つ大切なものであり、不安定な胎児を雑菌から守るためにも多く分泌されます。

おりもので気をつける必要があるのは、黄色っぽい、かゆみがある、酒粕のような粉状、ヨーグルト状のものが多量に出る場合です。

このような場合、悪い菌が繁殖し膣炎などを起こしている可能性もあるため、必ず産婦人科に相談し、検査を受けることが大切です。

また、褐色(茶色)の血液などが混じっているようなおりものは、着床時の出血(着床出血)であることも考えられます。

ただし、他の病気や流産などの可能性もあるため、医師の診察を受けた方が良いでしょう。