胸や乳首が張る症状

胸や乳首が張るのも妊娠のサインと考えられます。

主に、「乳首が敏感になる」「乳首がちくちくする」「乳房が張る」「乳房が固くなって痛い」といった症状ですが、人によっては月経が始まる前に、同じような症状が出ることもあります。

そのため、月経前なのか妊娠なのか判断がつかないことが多いようです。

仮に妊娠していなければ、この症状は月経がくると治まりますが、妊娠していればずっと続くようです。

さらに妊娠が進むと、乳首や乳輪が黒ずんできたり、大きくなったりもします。




どうして乳首が張るの?

月経周期の中で、排卵の後に卵のベッドとなる子宮内膜の機能層を、フカフカにするホルモンがたくさん出ます。

このホルモンは黄体ホルモンと呼ばれる女性ホルモンの一つです。

そのおかげで子宮内膜の機能層は支えられ、月経は起こりません。

妊娠すると、このホルモンの他に、赤ちゃんへ栄養を与える胎盤が発達し、妊娠に必要なホルモンを分泌し始めます。

胎盤から分泌されるホルモンは、ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン、プロゲステロン、エストロゲンおよびヒト胎盤性ラクトーゲン(HPL)と呼ばれるものです。

こういったホルモンが、お乳を出す準備として、乳腺の発達を刺激するため、乳首が敏感になったり、乳房が固くなったりするのです。