受精から着床時期の症状や体調 【Re:わたし妊娠したかも】

受精から着床時期に現れる症状などを解説しております。着床時の症状は生理前の症状と似ている部分も多いため、妊娠を意識していない女性は見逃す可能性があります。

受精から着床、そして妊娠

精子と卵子の受精イメージ

精子と卵子が受精し、その受精卵が無事に子宮内膜に着床すると妊娠が成立します。
このように書くと単純なようですが、女性はいつでも受精できるというわけではありません。

月経周期の中で、受精するタイミングはほんの数日です。
そして受精した卵子(受精卵)は、その後、2〜3日かけてゆっくりと子宮へ移動します。
受精から7〜10日後、受精卵は、スポンジ状の子宮内膜奥深く入り込んで着床します。
それでやっと妊娠が成立した事となるのです。

いつのタイミングで受精するか

女性が妊娠する為には、まず受精しなければなりません。
受精は精子と卵子の融合によって成立しますが、それぞれに寿命がありますので期間は限定されます。

卵子:受精可能な状態は排卵後6〜24時間と言われています。
(寿命には個人差があり2日生きたという情報もあります。)

精子:受精可能な状態は平均2〜3日と言われています。
(寿命には個人差があり7日生きたという情報もあります。)

卵子と精子の寿命には個人差や個体差がありますし、上記の様に受精可能な状態にも個人差や個体差があります。
ですから一概に何日から何日の間なら受精できるとは言えません。
つまり個人差はありますが、先に精子が待っている状態で2〜3日以内に排卵されれば、受精する確率が高いということになります。

着床のしるし(着床出血など)

着床したという「しるし」として、個人差がありますが、出血が見られる場合があります。
これを一般的に着床出血と呼びますが、正式な医学用語ではありません。
しかし、着床出血に該当する医学用語が存在しませんので、広く使われるようになりました。

この着床時の出血、いわゆる着床出血は、排卵日から一週間ほど経った頃、子宮内膜に着床するときに、その部分から起こる出血です。
この出血は、月経予定日より一週間ほど早い時期に起こり、生理が早まったのと勘違いすることもあるようです。

また着床出血以外にも、着床の時に自覚する症状もあります。
症状を感じ方には個人差がありますし、生理前の症状と似ている事から、その時は妊娠の症状だと気づかない場合も多くあります。

生理と異なる点
  • 茶色のおりもの
  • 出血量が少なく2〜3日で終わってしまう
その時の自覚症状
  • 吐き気
  • 下腹部が張る感じ
  • 下腹部が痛い感じ
  • 胸が張るような感じ
  • 熱っぽい
  • 腰がだるい
  • 頭痛
  • 眠い、など

妊娠について知ろう
妊娠の兆候と初期症状
妊娠週数と身体の変化
妊娠初期の出血